パパ活で頻発する言葉「ドカタ」その意味や使い方を解説

パパ活で頻発する言葉「ドカタ」

パパ活においてよく登場する「ドカタ」という言葉があります。

パパ活素人にはドカタが何なのかわからない人も少なくありませんが、ドカタはパパ活において知っておくべき重要な意味をもつ言葉となっています。

この生地ではそんなドカタについて詳しく解説します。

パパ活で使われるドカタとは、セックスを意味する隠語です。

もともとドカタは土木作業員や建築作業員を意味する「土方」を語源としています。

そんな言葉がセックスという肉体労働をするパパ活に取り入れられて、パパ活における生々しいセックスという表現を避けるためにドカタという隠語が使われるようになりました。

このため単にドカタとするだけでなく、「腟ドカタ」と表現される場合もあります。

会話中の正しい「ドカタ」の使い方

パパ活においてドカタとは以下のように使われています。

  • 今日はドカタしたから沢山稼げて嬉しい。
  • ドカタは無しでパパ活してます。
  • お金を稼ぎたいからドカタをはじめてみようかな。
  • 腟ドカタはガンガン稼げるからバイトするより楽。
  • ドカタ都度4でどうですか?(セックス4万円でできますか?という意味です。パパ活では男性もドカタという隠語を使う場合があります)

ドカタあり・ドカタなしの相場どれくらい?

ドカタを行う場合と行わない場合のパパ活相場の平均は以下のようになっています。

ドカタなし

顔合わせレベルのお茶やランチ/5,000円~1万円

食事や買い物デート/1万円~3万円

ドカタあり

一般女性/3万円~5万円

モデルレベルの女性/7万円~

以上のようにドカタを行う場合は少なくとも3万円以上は基本的に稼げるようになっています。

そして、その女性がモデル級の美女の場合は一回のドカタで10万円以上稼げることもあります。

ドカタでお手当をアップする工夫

ドカタのお手当は基本的に女性の容姿がベースとなっています。

このため、お手当をアップさせるのは難しいそうに思えますがお手当アップをする方法が二つあります。

一つ目の方法は【ファーストコンタクトでいきなりドカタせずに自分の価値を高める】というもの。

早く沢山稼ぎたいからと初対面のパパといきなりドカタする人もいますが、顔合わせをしてから何度かドカタなしのパパ活を重ねて相手に気に入ってもらうことでお手当アップしてもらい、いきなり高額のお手当でドカタをすることができます。

二つ目の方法は【同じ男性と継続して義務的ではなく親愛の感情を見せてドカタする】というもの。

実はドカタは異なる様々な男性と無闇に行うのは効率が悪いんです。

同じ男性と継続してドカタを行うと、男性は愛着をもってくれてお手当をアップしてくれます。

しかも義務的にドカタをするのではなく、親愛の感情を見せてドカタをするとその効果はよりアップします。

パパ活のドカタは違法?

パパ活のドカタは援助交際や売春に相当して違法性があるのではと心配になる人もいるでしょう。

パパ活のドカタが違法になるかはケースバイケースとしかいえません。

まず、売春などを違法としている法律は売春禁止法という法律です。

この法律では、不特定多数を相手として金銭を介して肉体関係を結ぶことを禁止しています。

つまり、不特定多数のパパとドカタした場合には違法性があり、特定の男性とのみドカタした場合は違法性がないのです。

なお、売春法で処罰されるのは勧誘やあっせん行為をした人のみなので不特定多数のパパとドカタをしたとしても違法性はあるものの罰せられることは在りません。

また、未成年者がドカタを行うのは児童福祉法違反など様々な未成年者保護の法律や条例に違反する違法性がある行為となっていて補導されます

パパ活でドカタまでの流れ

パパ活でのドカタは以下のような流れで行います。

パパ活アプリなどでパパを探す

まず最初はパパ活アプリなどを活用してパパを探すことからスタートします。

身分証明が必要だったり利用料金が必要なパパ活アプリに登録している男性は質が高いのでオススメです。

メッセージで条件交渉

パパ候補を見つけたらメッセージでお手当などのメッセージ交渉をします。

ファーストコンタクトでドカタをしてもいい場合はドカタ込みのお手当の交渉をします。

ファーストコンタクトでドカタをしたくない場合は、「相性があいそうだったらドカタも考えている」というようにファーストコンタクトではドカタをしない旨を伝えましょう。

顔合わせやドカタ抜きのパパ活

条件交渉が完了したら待ち合わせをしてファーストコンタクトとなります。

ファーストコンタクトでドカタをする場合はホテルへ向かってドカタとなりますが、そうでない場合はドカタ抜きのパパ活をして相手の男性に問題がないかや相性などを見極め増す。

ドカタありのパパ活

相手の男性の見極めが終了し、ドカタOKと判断したらお手当ての条件交渉をして納得できたらドカタありのパパ活がスタートとなります。

ドカタをする際に避けたいパパとは?

ドカタをする際には避けるべきパパが以下のようにいるので注意しましょう。

・お手当の後払いを提案するパパ

優良なパパとは女性から言わなくても暗黙の了解として自分からお手当を先払いします。

そんな中、後払いを提案するパパは避けるべき危険なパパです。

このようなパパはお手当を払わずにヤリ逃げを企んでいる可能性が高いので注意しましょう。

・いきなりドライブデートなど遠出に誘うパパ

交流を重ねて信頼関係を築いているならともかく、初対面でいきなりドライブデートなど遠出に誘うパパは危険です。

監禁などよからぬことを考えている可能性が高いので避けましょう。

・個人情報を詮索するパパ

住所など個人情報を詮索するパパはストーカー化する可能性が高いので避けましょう。

パパ活ドカタをするの時の注意点

パパ活で沢山のお金を稼げるドカタですが、何の知識もなく安易にドカタを行うのは危険です。

ドカタを行う場合は以下のポイントに注意しましょう。

初対面でドカタをしない

ドカタを行うにあたって大切なのは初対面でドカタをしないというものです。

パパのなかには悪質なパパも潜んでおり、もし悪質なパパである場合はドカタ中の写真やビデオを隠し撮りされて脅されたりなど様々な危険があります。

悪質なパパかどうかを見極めるために、絶対に初対面でのドカタは避けましょう。

また先程も説明しましたが、ドカタなしのパパ活を行ってパパからの好感度を高めてドカタお手当をアップできる可能性もあります。

金銭的にも損するので初対面のドカタはオススメできません。

パパが既婚者の場合は慰謝料請求されるかも

ドカタで気を付けるべきことの一つが、既婚者パパとのドカタです。

既婚者とドカタをしてしまった場合、パパの奥さんから慰謝料を請求されてしまいます。

相手の男性が既婚者パパと知らずにドカタをしてしまったという場合もありますが、その場合でも慰謝料を払う必要になるケースが多いので注意しましょう。

お手当は先払い!やり逃げがあるかも!

ドカタを行う場合、絶対にお手当は先払いでもらうようにしましょう。

ドカタを行う女性が受ける被害として、ドカタをしたのにお手当を払ってもらえずにパパに逃げられたというケースが一番多くなっています。

ドカタを行う場合、シャワーを浴びる必要があってパパが逃げるチャンスが必ずあるので悪質なパパにとっては楽にやり逃げができてしまうのです。

ドカタを行うならば必ず事前にお手当の先払いを取り決めて、もしそれが守られないようならばその男性とのパパ活は契約不履行で中止しましょう。

未成年のドカタはダメ!

未成年がドカタを行うのは絶対にダメな行為です。

未成年の性行為は様々な法律で禁止されており、法の抜け穴が一切ないレベルであり、未成年によるドカタを正当化することは絶対にできません。

これは善良なパパを守るためにも守るべきルールです。

未成年者が成人と偽ってドカタをした場合、罰せられるのは相手のパパになってしまいます。

善良なパパの人生を守るためにも未成年がドカタを行わないようにしましょう。

避妊は絶対!性病に気を付けて!

ドカタをしているパパの割合は以下のようになっています。

  • 20代前半/40%
  • 20代後半/60%
  • 30代以降/90%

パパ活におけるドカタは年齢が上がれば上がるほど行う女性が増えており、20代後半の女性は60%が、30代以降の女性は90%の女性がドカタをしています。

ドカタはパパ活において多くの女性が行う基本的なサービスであるといえます。

パパ活はドカタしないと稼げない?

パパ活でドカタをした場合、二時間程度のデートで5万円ほどの大金を稼げることは珍しくありません。

しかし、だからといってドカタをしないとパパ活で稼げないわけではありません。

パパ活では二時間程度の顔合わせでも5千円~1万円稼げます。

デートの場合は二時間程度で1万円~3万円稼げます。

ドカタほどではないものの普通のバイトより相当に高い時給となるので、ドカタをしたくない場合は無理にしなくても十分に稼げます。

実際、20代前半の女性の60%はドカタを行わないパパ活で十分に稼いで満足しています。

実際にドカタをしているパパ活女子の体験談

パパ活女子
パパ活女子

パパ活でドカタしてるけど、気持ちいいことするだけで楽して稼げるから最高です。この前は美味しいご飯もおごってもらえたのに6万円も稼げました。ドカタはもうやめられません。

パパ活女子
パパ活女子

コミュ力がない私にはドカタが向いています。風俗のバックだと二万円程度しか稼げませんが、ドカタなら簡単に都度5万円稼げてます。どうせ身体使うなら簡単に沢山稼げるドカタのほうが絶対いいと思います。

パパ活女子
パパ活女子

最悪です。折角ドカタしたのにヤリ逃げされちゃいました。相手の男を信じて後払い了承したのに、シャワー浴びてる最中に居なくなってました。もう絶対に後払いは受け付けません。パパ活は前払いオンリーで活動します。

ドカタの体験談を見て分かるように、ドカタは良いパパに遭遇できた場合は楽して大金を稼げるかなり美味しい活動だということがわかります。

また風俗レベルのコミュ力を必要とせず、コミュ力の乏しい女性でも十分に稼げる珍しい活動であることもわかります。

ただし、体験談にあるように悪質なパパに遭遇してしまった場合は損をすることになるのでお手当は絶対に先払いで貰わなければいけないこともわかります。

ドカタありで安全に利用できるパパ活アプリ

ドカタを安全に行うには安心安全なパパを見つける必要があります。

そんなパパを見つけるためにオススメできるドカタありなパパ活アプリをご紹介します。

1位:Love&(ラブアン)

Love&は年収600万円以上の男性が多数登録している優良なパパを見つけるのにオススメなNo.1アプリです。

年収600万円以上の男性が選ぶマッチングアプリ部門や年収600万円以上の男性が選ぶ理想の相手と出会えるマッチングアプリ部門などハイステータスのパパに選ばれて三冠を受賞しています。

ハイステータスの男性との出会いが多いアプリです。

2位:Sugar Daddy(シュガーダディ)

SugarDaddyもハイステータスのパパと出会いやすいパパ活アプリです。

年収証明書を提出して運営が行う審査を通過済したハイスペック男性会員が多く在籍しており、会社経営者が男性会員の36%と最も多くの比率を占めています。

男性の年齢層は40歳~49歳が最も多く、比率は37%となっています。

3位:paters(ペイターズ)

patersもハイステータスなパパと出会いやすいオススメなパパ活アプリの一つです。

すぐに出会えそうなマッチングアプリ部門や安心安全に出会えそうなマッチングアプリ部門など14部門でNo.1を獲得しています。

paters最大の特徴は圧倒的なハイステータスパパの在籍比率です。

なんと、patersに在籍している男性の過半数が会社経営者や役員というハイステータスを保持しています。

ハイステータスパパの分母が多いので出会いのチャンスが大きくなっています。

ドカタは優良なパパかどうか見極めてから特定のパパと長く付き合って稼ぐべし

ドカタは普通の容姿の一般女性でも一回ごとに平均して3万円~5万円も稼げる美味しい活動です。

しかし、パパのなかにはヤリ逃げしたりなど悪質なパパがいます。

また、ドカタのお手当をアップさせるにはドカタ無しのパパ活をして気に入られてからドカタをすることでお手当アップするテクニックもあります。

なので、ドカタをするときはファーストコンタクトでドカタはせず、パパが優良な存在かどうか見極めてからドカタをしましょう。

これと決めたパパを見つけたらドカタありのパパ活はそのパパに限定して行うのがオススメです。

特定のパパとドカタを続ければ愛着を抱いてもらえてお手当がアップしますし、法律的にも売春などに該当しないので安心安全に活動できます。