パパ活詐欺の手口と被害の実態!女子もパパも巻き込まれる危険あり!

パパ活では男女ともに詐欺被害に遭うリスクがあります。

この記事を最後まで読むことで、パパ活詐欺の手口や対処法などを知ることができ、被害に遭わないために必要な知識をつけておくことができます。

パパ活女子を狙った詐欺にはいくつかの手口があります。

騙されて被害に遭うことのないように、詐欺ならではのやり方や特徴について確認しておきましょう。

やり逃げ

パパ活ではいわゆる大人あり、肉体関係を持つことで高額のお手当をもらうことができます。

稼ぎたいパパ活女子の気持ちにつけこんで、相場以上のお手当を提示して体の関係を持とうとするパパがいます。

そして、ホテルで行為を済ませてから隙を狙ってお手当を払わずに逃げたり、財布を忘れたからまた後日などとごまかして音信不通になったりして、女性は結局お金をもらうことができないままやり逃げされたことになってしまうのです。

お金がもらえない

やり逃げされるケース以外にも、パパ活でお手当がもらえないという詐欺に遭うことがあります。

最初に交渉が成立していたはずなのに、実際にもらえるお手当の金額がかなり少なかったり、短時間のデートだからお手当はなしなどと話が違うというようなケースもあります。また、1ヶ月分のお手当を月末にまとめて支払うからなどと後払いの約束をして、結局払わないまま逃げられるという詐欺被害もあります。

パパ斡旋

SNSでパパを紹介すると言ってパパ活女子を集めようとする斡旋業者がいます。

実際には紹介できるお金持ちのパパなどいないにもかかわらず、キャンセル時には罰金がかかるから保証金を預かる必要がある、などと言ってお金を騙し取ろうとします。

また、紹介されたとしても身元のわからないお金持ちではない男性や、体目的の男性だったりと大変危険です。

基本的にSNSでパパ活を斡旋する業者は詐欺目的だと考えて避けなければなりません。

パパが騙される詐欺の手口

パパ活では、女性だけではなく男性も詐欺に遭うケースがあります。

ここでは、パパを騙す悪質な詐欺業者の手口についていくつか例を挙げて説明します。

お金を渡したら逃げられた

たとえば、大人ありや定期契約などの条件で、高額のお手当を前払いで請求されることがあります。

するとお金を受け取った途端に、肉体関係を持つことなく逃げられたり、1回もデートをしないまま連絡がつかなくなるというパターンがあります。

パパとしてはそれなりの条件でお付き合いをするからとお手当を払ったにもかかわらず、詐欺を企む女性は最初からお金をもらったらすぐに逃げるつもりでいたということです。

美人局

美人局とは、女性と体の関係を持ったタイミングで仲間の男性が現れ、慰謝料などの金銭を要求する行為です。

同意のもとで関係を持ったはずが、恋人や夫を名乗る男性が突然現れて、浮気をした・無理矢理強姦をしたなどと言いがかりをつけてきます。

警察を呼ぶ・職場や家族などにバラすなどと脅されるので、男性は言われるがままに多額の金銭を支払わなければならなくなります。

パパ活をした後ろめたさから警察や周りの人にも相談することができず、泣き寝入りをするしかありません。

なにもぜすお金を貢がせる

パパ活女子の中には、最初から体の関係になるつもりもないにもかかわらず、信頼関係を築いてからと期待させて、さんざんお金やプレゼントを貢がせる悪質な女性もいます。

パパは女性の気を引くためにたくさんのお金を使いますが、結局は望んでいたような深い関係になる前に音信不通になったり、一方的に別れを告げられるなどして無意味に終わることになります。

実際にあったパパ活での詐欺事例

実際にあったパパ活での詐欺について調査しました。

事例1.交際クラブではなく風俗店だった

お金持ちのパパを紹介することができるから、と交際クラブを装って登録をさせる業者がいます。

実際には交際クラブではなく風俗店であり、パパを紹介してもらえなかったというケースがあります。

また、登録料として金銭を支払うことを要求され、交際クラブではないとわかりやめようとしても支払ったお金は返してもらえないので、結局損をしてしまいました。

登録時に提供した個人情報が悪用されるリスクもあり心配です。

事例2.食事代を払わずに逃げられた

パパ活デートで高級な飲食店に入り、会計は当然パパ持ちのはずが、食事中にトイレに行くなどと席を立ち、そのまま戻ってこなかったというケースがあります。

そうなると、既にオーダーして食べ終えた食事代はパパの分も全て女性が支払わなければならなくなってしまいます。

最初から食い逃げをすることを企んでいる悪質なパパや、会ってみて女性がタイプじゃないと思ってお金を払わずに逃げる卑怯なパパもいます。

詐欺にあった体験談

パパ活女子
パパ活女子

Twitterでパパ活募集をしたら、斡旋業者という人から弁護士のパパを紹介するから登録してほしい、というDMが送られてきました。

まだ詐欺とかよく知らなかったので個人情報を教えたら、登録にお金が必要だとか不自然な話をされたので不審に思って断りました。

そのまま連絡は途絶えましたが、個人情報が悪用されているのではないかとすごく不安です。

パパ活女子
パパ活女子

大人ありで相場よりも高いお手当をくれるっていうから、ホテルに行って関係を持ったのに。

シャワーを浴びてる間に逃げられててすごくショックでした。

お手当がもらえないだけじゃなくて、ホテル代も支払わないといけなくて最悪でした。

これからパパ活をする時には絶対にお手当は前払いにしてもらいます。

パパ活女子
パパ活女子

マッチングアプリで資産家を名乗る男性と知り合いました。

パパとしてお金の面でサポートしてくれると言うので会ってみたんです。

そしたら、慣れた感じで怪しげな投資ビジネスの話を延々とされて、しつこく勧誘されてなかなか帰ることができませんでした。

なんとか断って逃げたけど、当然お手当ももらえないし騙されただけでした。

パパ活女子のからは、SNSで斡旋業者に個人情報を伝えてしまったり、登録料を請求されたという体験談があり、SNSでのパパ活募集は大変危険だということがわかります。

体の関係になったらお手当をもらえないままホテルから逃げられたという被害もあります。

また、パパのフリをして近づいてきて結局は勧誘が目的だというケースもあるので、すぐに会おうとはせずまずはメッセージのやり取りなどをして信頼できる相手なのかどうかを見極めることが大切です。

詐欺にあった時の対処法

気をつけていたつもりでも、パパ活では運悪く詐欺の被害に遭ってしまうこともあります。

万が一詐欺に遭った場合でも慌てることのないように、対処法についても確認しておきましょう。

警察に相談する

パパ活で金銭的な詐欺被害や性行為の強要などがあった場合には、警察に被害届を出すことができます。

被害の度合いによっては警察が実際には動いてくれないこともありますが、被害を報告しておくことで取り締まりが強化され同じような被害を防ぐことにもつながります。

また、1人でどうしたらいいかわからなくて悩んでいる時に対処法を相談すれば解決できる場合もあります。

警察官の中には女性もいるので親身になって相談に乗ってくれることもあります。

弁護士に相談する

警察では基本的に民事事件には介入することはできませんが、弁護士に相談すれば詐欺被害を解決できる可能性があります。

弁護士から未払いのお金を請求されると、逃げていたパパも大事にしないために支払ってくれる場合があります。

ただし、弁護士に相談して解決してもらう場合には弁護士にそれなりの費用を支払う必要があります。

弁護士の力を借りてまで解決すべき問題なのかをよく考えてから依頼しましょう。

まとめ パパ活では詐欺被害に遭わないために慎重に行動しよう

このように、パパ活では楽に高収入が得られるというメリットの反面、さまざまな手口で詐欺が行われているのも事実です。

お金を稼ぐはずが逆に騙し取られたり、やり逃げや勧誘などの悪質な被害に遭うリスクがあります。

安全にパパ活をするためには、このような詐欺の手口をよく知った上で、パパ活アプリで信頼できるパパを見つけてじっくりとやり取りをしてから会うことが大切です。