パパ活での盗撮被害!悪質な手口や対策

パパ活では時々盗撮を企む悪質なパパもいます。

パパが盗撮をする手口や、盗撮されたことのあるパパ活女子の口コミ、盗撮されないための高価的な対策について詳しく解説します。

この記事を読めば盗撮のリスクをかなり減らすことができます。

パパ活では、どのような手口で盗撮が行われているのかいくつか例を挙げて説明します。

盗撮を防ぐためには、以下のシチュエーションでは特に注意が必要です。

行為の最中に撮られる

1番危険なのは、パパに行為の最中に部屋に設置された隠しカメラで盗撮されるというケースです。

行為中の動画を後から1人で鑑賞して楽しみたいというような性的な嗜好を持つパパもいますが、動画を無断でネット上に投稿したり、別れ話になった時に動画を拡散すると脅すような非常に悪質なパパもいます。

ホテルで別々にシャワーを浴びているうちに部屋にカメラを設置したり、バレずに盗撮を行うために念入りに計画的に行動しているのです。

食事中に撮られる

食事中は食べ物に目がいきがちで盗撮されていることに気づきづらいです。

特に、食べ物をスマホのカメラで撮影するフリをして実は盗撮をしていたり、LINEやネットのチェックをするフリをして動画を撮影されている場合もあります。

パパ世代の男性は、若い女性と比べるとスマホを常に手にしていることは少ないのですが、食事中にずっとスマホを持って画面をチラチラ見ていたり、バッグの中を不自然に触っているようなパパは盗撮をしている可能性があります。

最新の小型カメラで撮られる

パパがスマホやカメラを持っていないからといって、絶対に盗撮されていないとは言い切れません。

最近では高性能の小型カメラも開発されていて、ペンにカメラがついていたり、洋服やバッグなどにバレずにつけられるようなサイズのものもあります。

通販でも簡単に購入することができるので、一般人でも入手可能です。

盗撮に慣れているパパは全く不審な様子を見せずに、慣れたテクニックで小型カメラを使いこなしていることが多いのです。

パパ活盗撮体験談

パパ活女子
パパ活女子

デートはなぜか食事ばかりで、やたらと時間のかかるパパがいました。

でもお手当は奮発してくれていたので、むしろ食事だけで稼げてラッキーくらいに思っていました。

そしたら、ある時食事中にテーブルの下にスマホを落とした時、拾おうとしたらパパのバッグからカメラのレンズが見えてびっくり。

体調が悪いからと帰り、いろいろ言い訳をしてお別れしました。

怖くて問い詰める勇気がなかったです。お金がもらえてもパパ活にはこういう危険があるんですね…

パパ活女子
パパ活女子

パパがデートでトイレに行くといった時にスマホをベンチに置いていったんです。

ロックがかかっていなかったから、いたずら半分で画像フォルダを見てみたら、私の着替えている時の下着姿とかが映っていてドン引きしてしまいました。

もちろんその場で全部削除しました。

幸い動画とかは撮影されていないようでしたが、忙しいからもう別れたいと伝えてそれっきりです。画面を消したこと気付いたかはわかりません…

パパ活女子
パパ活女子

勝手だとは思うけど、本命の彼氏ができたからパパにサヨナラしようとしました。

するとパパが別れたくないと騒ぎ出し、LINEも無視していたら、私との行為中の動画が送られてきました。

これを友達とかに見られてきてもいいの?と脅してきました。

でも、よく見たら画質が悪すぎて私だとわからないし、じゃあ私も盗撮されたこと警察に言うから、と返事をしたらあっさり引き下がりました。

パパ活女子
パパ活女子

デートの時のパパの動きが不自然で、スマホをこっちに向けていることが多いから、隙を見てパパのスマホを奪い取ってみました。

すると案の定動画の撮影中になっていました。

パパのことを信用していたのにがっかり、盗撮するなんてもうつきあえないと伝えると、パパはもうしないからと謝ってきました。

動画フォルダを見ると私以外の女の子の盗撮らしき動画もたくさんあり、どうやらそういう趣味だったみたいです。

もちろん、もう無理なんで切りました。

パパ活女子
パパ活女子

パパはSNS一切やっていないって言っていたんですけど、Twitterのアカウントを発見してしまいました。

そこには、無断で撮影した私の写真がいっぱい投稿されていて、「俺の彼女エロい」などという気持ち悪いコメントつきでした。

勝手に私の本命彼氏になりすましていたんです。

エロいも何も私たちは大人なしなのに。DMでこれ私なんですけどあなた誰ですか?と送ったら、返事はこなくてパパと音信不通になりました…

パパ活で盗撮の被害に遭っている女性は多いことがわかりました。

大抵は盗撮されていることを知ると気持ち悪い、もう信用できないという気持ちになり別れる女性がほとんどのようです。

趣味として楽しむだけではなく、脅すための切り札にしている悪質なパパもいるので、盗撮されないように日頃からしっかりと対策を行う必要があります。

盗撮を防ぐ対策

パパ活で盗撮を防ぐためにできることはいくつかあります。

不快な気持ちになったり、危険な目に遭うことがないように事前に対策を行うことが大切です。

部屋は暗くする

パパとホテルに行ったり行為をする時には部屋を暗くしておきましょう。

部屋の照明が暗いと動画や写真を撮影されてもほとんど写りません。

盗撮を企むパパは部屋を明るくしたがるはずですが、「明るい部屋だとムードがなくてその気になれない」と断ったり「電気を消さないと恥ずかしくて無理」などと拒否するようにしましょう。

まさか、パパも無理強いして部屋を明るくしたまま行為におよぶわけにはいきません。

パパが指定した部屋はなるべくいかない

パパは怪しまれずに盗撮をするために、部屋に入る前に既にカメラを設置している可能性があります。

たとえばパパがホテルの特定の部屋を利用しようとしたり、自宅などパパのテリトリーにある部屋に誘われた場合は盗撮を計画している疑いがあり危険です。

ホテルに行く場合は女性側が場所を決めるようにしたり、たとえ誘われたとしてもパパの自宅には安易に行かないように気をつけてください。

盗撮を警戒していることを伝える

パパから盗撮されることを防ぐためには、牽制する意味でもパパに盗撮の話題を出してみると効果的です。

「友達が盗撮されたから警察に相談したら相手が捕まって会社をクビになったらしい」と嘘の事例を出してみたり、「盗撮って犯罪だし最低」と非難する態度をアピールしておきましょう。

そこまで警戒されているとパパも安易に盗撮をすることはできないはずです。

冗談で、「まさか盗撮とかしたりしないよね?」と釘を刺しておいてもいいでしょう。

スマホはバッグにしまってもらう

盗撮はスマホでされることが多いので、デートの時にはスマホを最後までバッグの奥にしまってほしいと言いましょう。

「デート中は2人の時間を楽しみたいからスマホ見るのやめよう?私も見ないようにするから!」と自らスマホをしまえばパパも後には引けないはずです。ただバッグにいれるだけではバッグの中から盗撮される可能性もあるので、1番奥底にしまっていることを必ず確認しましょう。

まとめ 盗撮対策をして安全にパパ活を楽しもう!

パパ活には高収入をゲットするメリットはありますが、盗撮被害のリスクもあります。

盗撮されていることに早めに気づくことも必要ですが、盗撮されないように前もって対策をしておくことが大切です。

この記事で説明した対策をしておけば、盗撮されのではないかという不安も解決することができるはずです。

万全な盗撮対策をした上で、楽しく安全にパパ活を楽しんでください。